古道具部 木彫りのレリーフ台
original
5def1261a551d540d6ff4a78 5def1261a551d540d6ff4a78 5def1261a551d540d6ff4a78 5def1261a551d540d6ff4a78 5def1261a551d540d6ff4a78 5def1261a551d540d6ff4a78 5def1261a551d540d6ff4a78 5def1261a551d540d6ff4a78 5def1261a551d540d6ff4a78 5def1261a551d540d6ff4a78 5def1261a551d540d6ff4a78 5def1261a551d540d6ff4a78 5def1261a551d540d6ff4a78 5def1261a551d540d6ff4a78

古道具部 木彫りのレリーフ台

¥0

送料についてはこちら

中央に優しげな金の象嵌。 その周りを愛らしい花が彫られ、さらに葉で囲んであります。 木のあたたかみがしっかり感じられる佇まいに魅了されます。 金の象嵌細工と草花の木彫りが全面に施されたレリーフ台です。 天板だけになりますが、脚をはめこみスツールやサイドテーブルとして使われていたのでしょう。 裏面に脚をはめ込む枠があります。そこには「49」と焼印も。 ポット敷きや鍋敷きに、 お茶セットをのせてトレイのように、 花台、飾り台に、 インテリアのディズプレイとして壁に掛けて眺めて楽しむこともできます。 木のあたたかみを感じられ、やさしい空間を醸し出します。 アイデア次第で使い方は多彩です。 時代や作り手も不明です。 しっかりと厚みもあり、安定感あります。 使用時の小キズ、カケなどが見られますが、おおむねきれいな状態です。 しみや経年変化はありますが、そこがまた味わい深さになっています。 同じ木彫りレリーフの大きいものも一緒に入荷しました。 象嵌(ぞうがん)とは・・・ 「象」=模る、「嵌」=はめるという意味で、一つの素材に異なった素材を嵌め込んで模様を描く技法のことを言います。 表面に模様を彫り、その模様に沿って切り取った色の異なる素材をはめ込んで模様を描く象嵌は、手間がかかり、まるで絵画のような美しさが特徴です。   サイズ: Ф225mm H20mm(台厚み) 脚H10mm こちらの商品は古道具です。長い年月を経てきたキズ・シミ・錆・へこみ、ダメージなどがありますが、それらは古道具の味わいの一つとなっています。その特性を十分ご理解の上、ご注文頂きますようお願い致します。 すべて1点ものです。再入荷はございません。古道具との出会いは一期一会です。 良き出会いがありますように。