OKUSHI 合鹿椀
new
5f7574254b083942eea012d2 5f7574254b083942eea012d2 5f7574254b083942eea012d2 5f7574254b083942eea012d2 5f7574254b083942eea012d2 5f7574254b083942eea012d2 5f7574254b083942eea012d2 5f7574254b083942eea012d2 5f7574254b083942eea012d2 5f7574254b083942eea012d2 5f7574254b083942eea012d2 5f7574254b083942eea012d2 5f7574254b083942eea012d2 5f7574254b083942eea012d2 5f7574254b083942eea012d2

OKUSHI 合鹿椀

残り2点

¥33,000 税込

送料についてはこちら

欅の木で端正込めて作られた合鹿椀(ごうろくわん)です。 大昔から伝わる独特のデザインで、床に置いて食事が出来るよう、高台が高い特有の形が特徴です。 石川県・輪島漆芸のルーツといわれ、室町時代より農民の生活に根ざした日常雑器として愛されていました。 美しいゆえに日常とかけ離れた華麗な漆器を、もう一度暮らしに取り戻したいと、漆芸家、角 偉三郎が復刻させたことでも有名な椀です。 ふっくら素直な形が手に心地よく、おおらかさと気品を味わうことができます。 普段の食事も、この器で食べるとトクベツ感が増します。 重厚な見た目に反して、軽くて使いやすく、 熱々のものを盛っても、冷めにくく、 冷々のものを盛っても、結露しにくい漆器。 わたなべ木工芸さんでは、 下地の段階で口元と高台の部分に麻布を張り付ける事により強度が増し、衝撃に強く、耐久性が高くしています。 木地の木目がうっすらと透けており、使い込むほどに木目が浮かびあがり、艶も増します。 経年美化を楽しめる器です。 材質は国産のけやきです。 漆器の一番のお手入れは、日常的に料理を盛ったり、洗ったりして使うこと。 どうぞ、日々の食卓にどんどん登場させてください。 サイズ:Ф138mm H110mm(高台Ф73mm H30mm) 容量:350ml(8分目) 重さ:280g 材質:けやき(国産) OKUSHI詳細 https://www.harmony-food-life.com/web-shop/わたなべ木工芸-okushi/ OKUSHI 7寸プレート https://harmony-fld.com/items/5cde29b20b921136c4001b35 OKUSHI 汁椀 https://harmony-fld.com/items/5ce396820b9211202afbbf63 【漆のお手入れ】 ・洗浄は食器用洗剤をスポンジで優しく洗い、乾いた布で拭いてください(たわしや磨き粉はNG) ・電子レンジ、オーブン、食器洗い乾燥機は使用しないでください ・長時間、水につけ置きしないでください ・直射日光を避けてください ・収納時は硬いものと重ねないでください 枚数をお求めになりたい方は、お気軽にお問い合わせ下さい。 お時間をいただきましたら、ご予約を承ります。 使ってこそ美しい「OKUSHI」 大切にしたのは、料理を盛った姿や使い易さなど、使い手に寄り添った漆器であること。 マットな質感と食材が映える黒、そして経年変化も楽しめること。 素朴一辺倒ではなく、シンプルとモダン、洗練した雰囲気が混在する独特の魅力を放つ「OKUSHI」 木地屋として漆器の木地を製造していたわたなべ木工芸。 現在は自社工房で伝統と品質にこだわった漆器作りをしています。 日常で使えるシンプルで丈夫な漆器をという想いから OKUSHI(おくし)が生まれました。 OKUSHIとは富山県西部地方の方言、「おくしい=美しい」から名付けました。。(こんな風に使われます。おばぁ:「あんたはん、おくしぃちゃ~~」→「あなた、お美しいわね。」) 漆の美しさを日常より堪能し、使うたびにシアワセな気持ちになる器。 日々の生活で使う器には丈夫でなければと、漆の塗り重ねは最低6回施し、手間隙かけて完成します。 修理や塗りなおしはもちろん可能です。 食卓の一生のパートナーになれるOKUSHIです。 5年10年と飽きることなく、食べること・暮らすことを支えてくれる一枚になりそうです。