{{detailCtrl.mainImageIndex + 1}}/22

マイケル・ケリー 銀彩 片口 大

¥7,700 税込

送料についてはこちら

  • A

  • B

    残り1点

  • C

  • D

  • E

    残り1点

  • F

凛とした端正な佇まいが 気の引き締まるような厳しい寒さに 溶け込むよう 見た目の美しさと手馴染みもよい質感。 くつろぎの時間を共に過ごす 心地よい銀彩の景色です。 鈍く光る落ち着いた深みが美しい、銀彩の片口です。 茶漉しもちょうど収まるすっきりとしたシルエット。 お茶時間や、香りを感じながらの晩酌時間 シックな華やぎを愉しんでいただきたい。 季節に合わせて、花器としても素敵です。 こちらは大きいサイズです。miniサイズも新入荷しました。 A~Gより選択ください。 A:口縁Ф92mm H111mm(注ぎ口までH115mm) 高台Ф46mm  240g 容量300ml(8分目)  B:口縁Ф100mm H100mm(注ぎ口までH110mm) 高台Ф46mm  220g 容量300ml(8分目)  C:口縁Ф92mm H118mm(注ぎ口までH125mm) 高台Ф46mm  235g 容量300ml(8分目)  D:口縁Ф84mm H122mm(注ぎ口までH143mm) 高台Ф47mm  230g 容量300ml(8分目)  E:口縁Ф86mm H102mm(注ぎ口までH120mm) 高台Ф43mm  200g 容量250ml(8分目)  F:口縁Ф87mm H113mm(注ぎ口までH126mm) 高台Ф48mm  235g 容量320ml(8分目)  G:口縁Ф88mm H120mm(注ぎ口までH137mm) 高台Ф45mm  230g 容量350ml(8分目)  日々の暮らしにそっと花を添えてくれるような器。 軽やかに手に持っていただけるよう、素地の薄さを大切にしているというマイケル・ケリーさん ニューヨーク州生まれで、現在は石川県で作陶されています。 ---------------------------------------------------- ◇磁器について◇ 磁器は、陶石を砕いた粉を練り上げて成形し、高温で焼成したものです。 陶器に比べ硬質で丈夫。 吸水性もなく、におい移り、色移りなく、シミやカビなど汚れもつきにくく、日常的にとても扱いやすい器です。 ◇銀彩について◇ 長期間使用されないと銀が酸化してアンティークのような雰囲気になります。(黒ずんだり、うっすらと黄色みが出たり) 仕舞い込むより頻繁にお使い頂きますと美しく経年変化していきます。 続けて使っていただくと、色みの変化は抑えられます。 洗う際に柔らかめのスポンジか布製の物で洗うと銀が綺麗に、長く残ります。 黒ずみは、空気中の硫酸と化合してできる硫化膜といい、身体に害はないそうです。 不可✕:オーブン・直火・食洗機・電子レンジ・IH調理器具 目止め:不要 --お手入れ-- うっすらと黄色みが出てきた場合は、メラミンスポンジで磨くと元に戻ります。 長期間放置して、黒ずんでしまった場合は、重曹と水を混ぜたペースト状のもので磨いていただくと元に戻ります。シルバーアクセサリーなどを磨くクロスなどでも可能です。 --注意点-- ・食器用の漂白剤を使うと変色し、磨いても元に戻らなくなります。 ・電子レンジ・オーブン・直火・IH調理器具でのご使用はお避けください。 ・お皿の場合、卵や酢に反応して黒くなる場合があります。 ・銀彩を施しておりますが、磁器なので扱いやすく丈夫です。 変化を愉しみ、毎日の食卓で使いながら、味わいあるものに育てていただけると幸いです。 ---------------------------------------------------- ■マイケル・ケリー■ 陶芸作家。 1976年アメリカ ニューヨーク州生まれ。 ニューヨーク州アルフレッド大学卒業後、金沢美術工芸大学修士課程卒業。 石川県にて作陶。 ---品物についての注意事項--- 手仕事品の為、ひとつひとつのサイズや風合いが微妙に異なります。 色合い、形、大きさ、重さ、鉄点やピンホールの入り方などがそれぞれです。 手仕事ならではのあたたかみのある風合いとして楽しんで頂ければと思います。 ご利用のブラウザ、モニターの性能、設定により商品の色、素材感等につきましては、 現物と若干の違いが出る場合がございます。あらかじめご了承くださいませ。