マイケル・ケリー 安南手盃 菊
{{detailCtrl.mainImageIndex + 1}}/12

マイケル・ケリー 安南手盃 菊

¥5,500 税込

送料についてはこちら

ぐるりと眺めたくなる菊の絵付け、それにかかる結晶釉 小さい中に世界が広がる安南手盃です。 同じ柄でも滲み方はそれぞれ違い、その景色も愉しめます。 飲み物が美味しく感じられる、口当たりがいい薄い口縁。 口縁がゆるやかに開いているので、香りが引き立ち、日本酒などをより愉しむことができそうです。 天目型(底部から直線的に開き、口縁にかけて外側に反った形状)の持ちやすい形状となっています。 size Ф66~70mm 底Ф36~38mm H55~27mm 48~63g 60ml(8分目) 不可✕:オーブン・直火・食洗機・電子レンジ・IH調理器具 目止め:不要      ------------------------------------------------- 日々の暮らしにそっと花を添えてくれるような器。 軽やかに手に持っていただけるよう、素地の薄さを大切にしているというマイケル・ケリーさん ニューヨーク州生まれで、現在は石川県で作陶されています。 光を通し、白く美しい透光性磁器に 深い錆呉須で絵付けされた文様は、まるで水墨画のよう。 薄いはちみつをかけたようなやわらかな釉薬は、 結晶釉と呼ばれ、雪の舞うような優美さです。 浮かびあがる錆呉須での絵付けは、上に結晶がでると青みが強くなります。その時々で、表れ方が違うところも愉しみのひとつです。 古いものに魅力を感じるというケリーさんが描く図柄は、 青と茶の滲んだ色合いにアンティークの雰囲気も感じます。 磁器なので、軽くて丈夫、そして美しい。 いとしい器となってくれそうです。 安南手(あんなんで)とは--------- ベトナムから伝わる焼き物の技法のこと。14~15世紀頃のベトナムの器を指し、釉薬の下で滲んだ染付文様を、日本の茶人が好まれました。 呉須(ごす)と呼ばれる青色の顔料で絵付けされた線が、釉薬の下で優しく滲むのが特徴です。 ---品物についての注意事項--- 手仕事品の為、ひとつひとつのサイズや風合いが微妙に異なります。 色合い、形、大きさ、重さ、鉄点やピンホールの入り方などがそれぞれです。 手仕事ならではのあたたかみのある風合いとして楽しんで頂ければと思います。 ご利用のブラウザ、モニターの性能、設定により商品の色、素材感等につきましては、 現物と若干の違いが出る場合がございます。あらかじめご了承くださいませ。 ---磁器について--- 磁器は、陶石を砕いた粉を練り上げて成形し、高温で焼成したものです。 陶器に比べ硬質で丈夫。 吸水性もなく、におい移り、色移りなく、シミやカビなど汚れもつきにくく、日常的にとても扱いやすい器です。 可〇:食洗機・電子レンジ 不可✕:オーブン・直火 目止め:不要 ■マイケル・ケリー■ 陶芸作家。 1976年アメリカ ニューヨーク州生まれ。 ニューヨーク州アルフレッド大学卒業後、金沢美術工芸大学修士課程卒業。 石川県にて作陶。