NEWS

木目を楽しみ 育みたくなる 漆器モノ

ふっくら素直な形が手に心地よく、おおらかさと気品を味わうことができる合鹿椀
普段の食事も、この器で食べるとトクベツ感が増します。

重厚な見た目に反して、軽くて使いやすく、
熱々のものを盛っても、冷めにくく、
冷々のものを盛っても、結露しにくい漆器。

欅の木で端正込めて作られた合鹿椀(ごうろくわん)です。
大昔から伝わる独特のデザインで、床に置いて食事が出来るよう、高台が高い特有の形が特徴です。
石川県・輪島漆芸のルーツといわれ、室町時代より農民の生活に根ざした日常雑器として愛されていました。
美しいゆえに日常とかけ離れた華麗な漆器を、もう一度暮らしに取り戻したいと、漆芸家、角 偉三郎が復刻させたことでも有名な椀です。
漆の美しさを日常より堪能し、使うたびにシアワセな気持ちになります。

木目を愉しみ、育みたくなる拭き漆仕上げ。
拭き漆とは木地に透けた生漆を塗り、布で拭き取る作業を繰り返し、木目を生かして仕上げる技法です。

ほぼフラットなので、使い道は多彩です。
ワンプレートとしたり、銘々皿としたり、
小さな盆のようにも使えます。

サイズは24cmと18cmの2種です。

拭き漆仕上げは、油モノも染みる心配ありません。
どんどん使って、育みたい器です。