竹編みの四角い水切りかご 7月末頃再入荷
5ef2bea21829cd497c98416f 5ef2bea21829cd497c98416f 5ef2bea21829cd497c98416f 5ef2bea21829cd497c98416f 5ef2bea21829cd497c98416f 5ef2bea21829cd497c98416f 5ef2bea21829cd497c98416f 5ef2bea21829cd497c98416f 5ef2bea21829cd497c98416f 5ef2bea21829cd497c98416f 5ef2bea21829cd497c98416f 5ef2bea21829cd497c98416f 5ef2bea21829cd497c98416f 5ef2bea21829cd497c98416f 5ef2bea21829cd497c98416f

竹編みの四角い水切りかご 7月末頃再入荷

¥12,100 税込

送料についてはこちら

:完売中につき今後の予定: 毎月入荷予定ですが、手仕事品のため数に限りがあります。 現在多数の方に再入荷希望をいただき、困惑している状態です。 7月中に予約販売にて、ご注文をお受けする予定です。 数ヶ月町待ちになる方もいらっしゃるかと思いますが、 できる限りお受けできるよういたしますので、何卒ご了承くださいませ。 ・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・ かっちりしていて、甘くない キッチンにおさまりが良く、底上げされていて、程よい高さ こだわりを詰め込んだ、四角い水切りかご。 竹編み作家さんが理想をカタチにしてくた、キノネ工房×ハモニのオリジナルです。 通気性がいいように底面を上げ、竹を曲げた足が角部分の補強も兼ねています。 きりりとした四つ目編みは、どんなキッチンにも馴染んでくれる。 水切れの良いツルッとした表皮を内側に使い、入れるものを傷つけないように節の位置も綺麗に揃っています。 底部分には厚みのある竹を3本組み、しっかりとした作りです。 食器を置いてもしなることなくホールドしてくれます。 弾力があって水切れもいい竹は、カタチも崩れにくく清潔。 お茶の道具をまとめて置いたり 手作りのパンやお菓子を冷ましたり A4サイズも収まるサイズなので、書類の置き場所にしたり 水切りかご以外の使い道はアイデア次第。 どんどん使って、飴色に変わっていく経年変化も楽みのひとつ。 使い終わったら、風通しの良い日陰で保管ください。 サイズ:330m×285mm H90mm(足の高さ15mm) 材質:真竹の白竹(日本産 京都・滋賀) 1個:12,100円(税込) メール便不可 ✖️ キノネ工房 竹編み製品 手拭立て https://harmony-fld.com/items/5e61dfe7823e7c7fc8bf3e0e パンかご https://harmony-fld.com/items/5e71ad4e9df16317c04234a6 長六角トレー https://harmony-fld.com/items/5e99147d55fa0373f7ce528f ................................................................................................................ 【竹製品の特徴とお取扱いについて】 ・天然素材を使った手作りのため、サイズや形、風合い、色味には若干の個体差があります。 ・多少のささくれがある場合がございますが、天然素材の製品の風合いとしてお楽しみください。 ・使用後は手早く水洗いして水分をふき取り、風通しのよい場所でしっかりと乾燥させてください。水に濡れたままにしておきますと、カビの原因となりますので、ご注意ください。 ・食器洗い乾燥機、電子レンジなどのご使用は、破損の原因となりますので、お避けください。 ・保管時は湿気がこもらないよう、風通しのよい場所で保管してください。 ・カビ防止・カビ対策にアルコールが有効です。アルコールで拭き取り、よく乾かしてください。 自然素材である竹かごやざるなどは、お手入れと保管方法に気を付ければ、長く使える道具です。使い込んでいくうちに、飴色に変化し、手に馴染んでくるのも竹製品の魅力です。 ................................................................................................................ 【キノネ工房】 木彫刻と竹工芸のユニットです。 緻密で高度な彫りの技が名を馳せる「井波彫刻」の技術を用いて作られる木彫刻 茶道具作家に師事し、用の美を竹で表現する竹工芸 それぞれが、現代の生活でともに時間を重ねられる品をすべて手仕事で作られています。 京都伝統工芸専門学校竹工芸卒業後、茶道具作家・平安竹美斎氏に師事し、竹工芸の技術を学ぶ。 2011年より竹編み作家として活動。 その後、「キノネ工房」を立ち上げ、暮らしの道具や雑貨を製作し、竹の魅力を伝えています。